2017年6月20日

なぜ、チームワークを大切にしなければならないのか

LINEで送る
Pocket

一人でできる仕事には限界があります。事業のスタート時、一番最初の芽の段階では一人である程度はリソースが賄える場合もありますが、少しづつ規模が大きくなってくるとチームとしての総力が結果に大きく関係してきます。

どれだけあなたがスーパープレーヤーだったとしても、結局一人で成し遂げられることなんてたかが知れています。

その時、何が必要なのか。関係者が力を合わせてそれぞれの能力を正しい方向へ発揮することではないでしょうか。

特にタナクロの運営しているサービスは

WEB制作・集客、通販運営・お客様対応、物流と多岐に渡るセクションでチームを組んで取り組んでいます。

個別チームの総力は大切はことはもちろんですが、チーム間の連携も極めて重要になってきます。

どれだけWEBチームが有効打と考えられる施策を打ち出しても、

現場の対応が絡んでいる内容であれば現場メンバーとの認識一致があって初めて効果を発揮します。

そういう細かな連携が最終的に大きな結果に繋がってきています。

今タナクロはブランド事業部・ワンダーウェルト事業部・アウトドア事業部・工具事業部の4事業部が存在します。

それぞれにリーダーがいて、さらにその中で役割ごとにチームがわかれて運営している。

そうなると事業部長とチームメンバーがしっかりと協力しあってサポートし合う必要がありますし、

また事業部長間でも成功事例ノウハウの共有や、成長戦略の共有を現場レベルでも行う機会が必要です。

そうしない何か課題を感じていた時の解決策が、「すでに他の事業部で解決したことがあること」

なのにまた一から対策を考え実施し、と二度手間になってしまうことがあります。

そういう時、情報共有がしっかりできていれば「あ、これは前にあの事業部で起こった問題だな」と比較的すぐに解決の糸口を発見できます。

ノウハウを溜め込むのではなく、横の人、チームに共有していきましょう。

チームワークを強く機能させるためには、情報共有は欠かせないです。

朝礼、終礼、日報でしっかりチームメンバーと日々の課題・動きを共有しておくことが大切です。

しっかりとチームワークを意識して一人だけで出来ることの限界を知り、チームで最大の結果を成し遂げられるように意識していきましょう。それがタナクロのスタイルです。