2017年6月15日

なぜ、ベンチャースピリッツを大切にしなければならないのか

LINEで送る
Pocket

ベンチャースピリッツ。よく聞くワードです。

タナクロはまだ6年目に突入したばかりの小さな会社です。

そんな私たちは限られた資源(人/もの/カネ)で数多ある企業からお客様に選んでもらう必要があります。

そんな時、亀のようなスピード感で仕事をしていたり、

横暴な態度でお客様に接していても絶対に私たちのサービスを選んでもらうことができません。

小さな会社だからこそ、大きな会社よりスピードも、サービスもより良いものを提供しなければなりません。

ベンチャースピリッツとは「いかなる状況でも諦めずに最大限の努力・知恵をもって結果に拘ること」だと僕は考えています。

できない理由なんて探せばいくらでもみつかります。

ただ、それでも「どうやったら成し遂げられるのか」を「今の私たちの持つ資源」で考え抜き結果につなげていくことが大切です。

このどうやったらできるのか、を徹底的に考え抜き、実行につなげていくことは本当にパワフルな結果につながる行動なのです。

現状を否定するのは簡単で、論評するのも簡単です。ただし、結果までこだわりつなげていくことが真のベンチャースピリッツではないでしょうか。

そういうメンバーが一人また一人、周りを引っ張っていく人間になるのだと思います。

どうやったらできるのか徹底的に考え、それをチームに波及させ、実行して、結果につなげること。

タナクロではそういう心構えをとても大切にしていきます。

ベンチャースピリッツ、忘れていませんか?

本気でやれば、大いなる成長と結果を手に入れられると思います。