2017年6月25日

なぜ、情熱を大事にしなければならないのか

LINEで送る
Pocket

今回は僕なりに「情熱」ということについて書いてみようと思います。

まず、事業を行う上で大切なものはなんですか?と聞かれると迷わず「情熱=エネルギー」とお答えします。

特に事業をスタートする段階や、事業を引っ張っているリーダーにおいては尚更その「情熱」の重要性が増してきます。

どれだけスキルがあっても、情熱=エネルギーがある人はそのうちスキルも凌駕する成長を成し遂げています。

面接の時点で中々これを見極めるのもの難しいところはありますが、最近は可能な限り情熱を持ち合わせている人を見つけ出そうと意識しています。

例えば

Aさん:スキルレベルが100 情熱レベル1

Bさん:スキルレベルが1 情熱レベル10000

というような状況が結構あると思っています。

これ、どういうことかというとスキルで差がつくのは多くても100倍程度(も普通はつかない)だと思っていますが、情熱だったら1万倍なんて簡単に差がついちゃうよな。と。

それだけエネルギー値が高い人が会社にいることは重要です。

自燃型・他燃型・不燃型 の中ではやはり「自然型」が今のタナクロにとっては必要な存在だと考えています。

どれだけスキルがあっても情熱を持っていなければ(かつ、大切なのは会社=チームが成し遂げたいことに賛同してくれている)中長期的には悪影響を与えてしまうことになる場合さえあります。

Cさん:スキルは低いが情熱は◎、さらに会社の理念/目標にしっかりと賛同
Dさん:スキルは極めて高く、情熱は×、会社の理念/目標への共感度も低い

この場合はタナクロはCさんを採用していくようにしています。
優先順位としては
会社の理念/目標への共感度 > 情熱 > スキル
になります。

特に採用の段階で徹底的に説明をしてこなかったメンバーからするとこういう時にズレを体感する場合があります。やむおえないことなんだと思います。全ての人に幸せな制度や、目標は理想ではありますけど現実問題実現するのは極めて難しいので。

そこで一緒に山に登りたい、と本気で思える情熱を持ったメンバーのために徹底的に組織設計を変えていく。

こんなことを今まさにタナクロでは進めようと(進めて)います。

情熱をもって、コミットするメンバーにはとことん見返りを渡していける組織にしていきます。

ここで!PRタイム!タナクロ求人に興味を持ってくださっている方へ

こんにちは、タナクロで代表を努めている、田中淳也です。

もし、タナクロ求人に興味を持ってもらっている方へ少しだけ、お時間をください。

「世界を変える企業をつくる」私たちは本気でそう信じ前に進んでいます。
事業ごとに色は違えど、会社の理念に沿って、
それぞれの事業が成し遂げたい世界観=目標を定めています。

これらを本気で信じ抜く人間を何人巻き込めるか、それが僕のこれからの一番の仕事になります。
私たちはまだまだ規模も影響力も小さく出来ることも限られています。
ただし、その分伸び代しかありません。
本気でチャレンジしたい、タナクロなら自分自身の能力が100%活かせるかもしれない。
そう思う方は是非、声をかけてみてください。

例えばあなたが、

  • 困難に立ち向かう時、身震いがする。
  • チームで同じ目標を目指すのが楽しく、やりがいを感じる。
  • 一人では決して成し遂げられない何かを、成し遂げることに挑戦したい。
  • 果敢に挑むメンバーを影から支えることに喜びを感じる。

どれか一つにでも当てはまれば私たちにマッチする可能性は高いです。
本気でやりきった時、手が痛くなるぐらいにハイタッチしましょう。

事業を引っ張って行きたい方、参謀役としてサポートが得意な方、狂うほど好きなコト・モノがある方、
あなたの事を教えてください。

私たちと一緒に世界を変える企業を作りましょう!

以下合わせて読んでいただきたい記事です。


【随時更新痛】タナクロ スタッフインタビュー

新卒で入った会社を10ヶ月で逃げ出し、満喫生活を経て通販で起業するまで

タナクロとの出会いから、2年間 〜田中淳也とワイシャツと私〜・前編

やっと『登る山』が固まった。タナクロの経営理念

タナクロの求人一覧はコチラ