2017年6月27日

なぜ、目の前の作業を疑ってかからなければならないのか

LINEで送る
Pocket

タナクロに入社する人、入社した人に何度も伝え続けていることがあります。それは常に目の前の作業に疑ってかかってください。ということです。

例えば毎日プリンターを使う仕事があり、自分の席から毎回印刷した物を取りに行く場合、あなたはそのプリンターの場所に近ければ近いほど作業効率がよくなります。

もちろん他の関係者の配置を考えられてその場所に来まっている場合はあなたの歩くスピードを上げたり、まとめて印刷したり、印刷しないでいいようにする努力で解決できますが。

こういう細かいこと改善が企業を強くします。これは立場関係なくタナクロメンバー全員が意識しなければならないことです。

よく問題が起こって「あー、私そんなこと思ってました」というような発言をする人がいます。

もし本当に思っていたのであれば、その時に解決に向けて動き出しましょう。

リーダーはこの発言をしっかりと広い、解決をサポートする。気付いた人はすぐに伝え、行動に移す。

この関係性を作っていきましょう。

目の前の作業、仕事にはまだまだ改善の余地があります。一つづつ、改善を重ねていきましょう。

ここで!PRタイム!タナクロ求人に興味を持ってくださっている方へ

こんにちは、タナクロで代表を努めている、田中淳也です。

もし、タナクロ求人に興味を持ってもらっている方へ少しだけ、お時間をください。

「世界を変える企業をつくる」私たちは本気でそう信じ前に進んでいます。
事業ごとに色は違えど、会社の理念に沿って、
それぞれの事業が成し遂げたい世界観=目標を定めています。

これらを本気で信じ抜く人間を何人巻き込めるか、それが僕のこれからの一番の仕事になります。
私たちはまだまだ規模も影響力も小さく出来ることも限られています。
ただし、その分伸び代しかありません。
本気でチャレンジしたい、タナクロなら自分自身の能力が100%活かせるかもしれない。
そう思う方は是非、声をかけてみてください。

例えばあなたが、

  • 困難に立ち向かう時、身震いがする。
  • チームで同じ目標を目指すのが楽しく、やりがいを感じる。
  • 一人では決して成し遂げられない何かを、成し遂げることに挑戦したい。
  • 果敢に挑むメンバーを影から支えることに喜びを感じる。

どれか一つにでも当てはまれば私たちにマッチする可能性は高いです。
本気でやりきった時、手が痛くなるぐらいにハイタッチしましょう。

事業を引っ張って行きたい方、参謀役としてサポートが得意な方、狂うほど好きなコト・モノがある方、
あなたの事を教えてください。

私たちと一緒に世界を変える企業を作りましょう!

以下合わせて読んでいただきたい記事です。


【随時更新痛】タナクロ スタッフインタビュー

新卒で入った会社を10ヶ月で逃げ出し、満喫生活を経て通販で起業するまで

タナクロとの出会いから、2年間 〜田中淳也とワイシャツと私〜・前編

やっと『登る山』が固まった。タナクロの経営理念

タナクロの求人一覧はコチラ