2017年6月27日

なぜ、目の前の作業を疑ってかからなければならないのか

LINEで送る
Pocket

タナクロに入社する人、入社した人に何度も伝え続けていることがあります。それは常に目の前の作業に疑ってかかってください。ということです。

例えば毎日プリンターを使う仕事があり、自分の席から毎回印刷した物を取りに行く場合、あなたはそのプリンターの場所に近ければ近いほど作業効率がよくなります。

もちろん他の関係者の配置を考えられてその場所に来まっている場合はあなたの歩くスピードを上げたり、まとめて印刷したり、印刷しないでいいようにする努力で解決できますが。

こういう細かいこと改善が企業を強くします。これは立場関係なくタナクロメンバー全員が意識しなければならないことです。

よく問題が起こって「あー、私そんなこと思ってました」というような発言をする人がいます。

もし本当に思っていたのであれば、その時に解決に向けて動き出しましょう。

リーダーはこの発言をしっかりと広い、解決をサポートする。気付いた人はすぐに伝え、行動に移す。

この関係性を作っていきましょう。

目の前の作業、仕事にはまだまだ改善の余地があります。一つづつ、改善を重ねていきましょう。