2017年7月8日

永守イズム。日本電産の社員の条件

LINEで送る
Pocket

永守イズム。日本電産の社員の条件

1年ぐらい前から何回も読んでいる本があります。

日本電産の永守社長の書いた

日本電産流「V時回復経営」の教科書 です。

もうかれこれ10回は読んだような気がします。

それをきっかけに色々と永守社長の本を読み漁っていると

以下のような言葉を知ることができ、これは残しておきたいと思いブログに掲載しておきます。

去ってほしい社員の条件

  • 知恵の出ない社員
  • すぐに他人の力に頼る社員
  • やる気旺盛ではない社員
  • よく休みよく遅れる社員
  • 言わなければできない社員
  • すぐ責任転嫁をする社員
  • すぐ不平不満を言う社員

登用される社員の条件

  • 健康管理のできる社員
  • 仕事に対する情熱・熱意・執念を持ち続ける社員
  • いかなるときもコスト意識を持てる社員
  • 仕事に対する強い責任感を持てる社員
  • 言われる前にできる社員
  • きついツメのできる社員
  • すぐ行動に移せる社員

教育しても無駄な人

  • 叱ると言い訳ばかりする人
  • 人に叱られても平気でいられる人
  • 他人が叱られていても無関心な人
  • 他人を叱ることができない人
  • プライベートの部分で口を閉ざす

これ、本当にインパクトありますね。

一見、今の時代合わないという方はたくさんいるんじゃないかなって思うような内容ですが僕はすごく示唆に富んだ内容だと思っていますし、タナクロで働くメンバーにも意識してもらいたいな、と本気で思える内容でした。

永守さんのすごいところは今まで打ち出していたモーレツ社員推奨の文化から「残業0」へ一気に転換したりする時代/自社の変化に柔軟に合わせてくるところ。じゃないですかね。

引用

若者4人の「名もない会社」が勝つには、どうしたらいいか。ヒト・モノ・カネの資源もない。でも、1つだけ大企業とも全く同じ条件で持てる資源があることに気づきました。124時間という「時間」です。時間を最大限に使うしか、勝てる方法はないと思った。

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO15446590Y7A410C1000000/

自社のポジション、ヒトモノカネを総合的に考慮した戦い方をチョイスしているのだと思います。

タナクロもしっかりとフェーズ、事業、チームに合わせて考えてしっかりと考えを浸透させていきたいと改めて感じました。

ここで!PRタイム!タナクロ求人に興味を持ってくださっている方へ

こんにちは、タナクロで代表を努めている、田中淳也です。

もし、タナクロ求人に興味を持ってもらっている方へ少しだけ、お時間をください。

「世界を変える企業をつくる」私たちは本気でそう信じ前に進んでいます。
事業ごとに色は違えど、会社の理念に沿って、
それぞれの事業が成し遂げたい世界観=目標を定めています。

これらを本気で信じ抜く人間を何人巻き込めるか、それが僕のこれからの一番の仕事になります。
私たちはまだまだ規模も影響力も小さく出来ることも限られています。
ただし、その分伸び代しかありません。
本気でチャレンジしたい、タナクロなら自分自身の能力が100%活かせるかもしれない。
そう思う方は是非、声をかけてみてください。

例えばあなたが、

  • 困難に立ち向かう時、身震いがする。
  • チームで同じ目標を目指すのが楽しく、やりがいを感じる。
  • 一人では決して成し遂げられない何かを、成し遂げることに挑戦したい。
  • 果敢に挑むメンバーを影から支えることに喜びを感じる。

どれか一つにでも当てはまれば私たちにマッチする可能性は高いです。
本気でやりきった時、手が痛くなるぐらいにハイタッチしましょう。

事業を引っ張って行きたい方、参謀役としてサポートが得意な方、狂うほど好きなコト・モノがある方、
あなたの事を教えてください。

私たちと一緒に世界を変える企業を作りましょう!

以下合わせて読んでいただきたい記事です。


【随時更新痛】タナクロ スタッフインタビュー

新卒で入った会社を10ヶ月で逃げ出し、満喫生活を経て通販で起業するまで

タナクロとの出会いから、2年間 〜田中淳也とワイシャツと私〜・前編

やっと『登る山』が固まった。タナクロの経営理念

タナクロの求人一覧はコチラ