2017年6月14日

なぜ、誠実に仕事をしなければならないのか

LINEで送る
Pocket

why-○○シリーズは基本社内向けの記事になります。

「誠実」に仕事をしよう。

お客様に対して逆の立場だったら、そう考えるのを癖にしてもらいたいと思っています。

お客様から見れば同じ会社に所属している人であれば、それが立場がなんであれ、会社の人間です。

「担当者が不在だから。。。」とか、「私はその件はわからないので、、、」なんて

言われたらおそらく自分が逆の立場だと嫌な気分になると思います。

もしわからなくても「誠実に」対応すればきっと心は相手に伝わります。

物を買取、売るリユース事業を中心にする私たちはたくさんの注文を日々いただいています。

お客様の来店も増えてきていますし、その時にしっかりと「タナクロのメンバーとして」対峙できていますか?

特にカスタマーサポートは苦手意識のある人からすると大変なことかもしれません、

ただし、それでもやはりお客様からすれば「会社側の人間」なのでそれだけは絶対に忘れないように意識して日々仕事に取り組んでもらえればと思います。

周りの人が困っていたらすぐにヘルプにいきましょう。

当たり前のことを当たり前にやる。これは難しいことでもありますが基本的な心構えです。

「誠実だよね」そんな組織を私たちは目指していきます。