2017年6月12日

なぜ、成長し続けなければならないのか

S__24789012
LINEで送る
Pocket

今回は「なぜ、成長し続けなければならないのか」

タナクロは世界を変える企業をつくる。という目標があります。

その目標を達成するためには、組織としても、利益をしっかり出し規模としても、成長し続けなければなりません。

「世界により大きなインパクト」(=変える)を与えるためには、

やはり一定規模以上が必要ですし、事業でしっかりと利益を残し、

新しいことに挑戦していける環境を作る必要があります。

私たちは大なり小なり、世の中に影響を与えられる事業を創造し続けたいと考えています。

そうするためには、チームとしての力も強力にしなければなりませんし、

潤沢な資金も必要です。新しいことを組織の中で始めるには常にお金がかかります。

チャンレジを継続するためには今、会社を支えている事業がさらに成長しなければなりませんし、

新しく始めたことは、独り立ちしし、他を支えてあげられるような事業にならなければなりません。

そのためにまずは兄弟姉妹として同じ屋根の下、支え合って事業部として生まれ、存続しているのです。

一円も売上の立ってない事業を支えているのは、今現在、売上を立てている他の事業なのです。

逆に今、売上は立っているけれど、何かのタイミングで行き詰まった時に支えてもらえる相手は「今売上が立ってない事業」なのかもしれません。

それぞれの役割が違うだけであり、売上がないことが「悪」だとか、売上があることが「正」だとか言ってるわけではありません。

タナクロの中では、あくまでもフェーズによってその事業が持つ役割は変わりますよ、ということです。

ただし、生まれたからには諦めず、最後の最後まで可能性を探り、成長し続ける必要がありますし、

しっかりと会社に利益を残していく責務があります。

私たちの事業はお客様に価値を提供し、その「提供した対価」として「お金」をいただいています。

この対価を最大限にするために、提供するサービスを徹底的に磨き込んでいく。そうやって成長していきましょう。

全てはお客様視点に立ち、当事者意識をもち仕事に取り組んでもらえればと思います。